自覚症状が表れにくい病気

早めの受診がお勧め

病院内

糖尿病には1型と2型があるということは知られていることですが、特に2型糖尿病は過食や運動不足などの生活習慣の乱れなどから発症します。発病しても自覚症状があまりなく、症状が現れたときにはかなり進行している状態のこともありますので普段から気を付けることが大切です。日本人の場合、2型糖尿病が多く中高年に多い病気でしたが、近年は10代でも罹る人が多く、世界的にも増加傾向にあります。小岩駅周辺には糖尿病の専門医がいる病院もありますので、不安を感じたら調べてみることをお勧めします。糖尿病の初期症状ですが、まずは異常にのどが渇くこと、それに伴いトイレの回数が増えることです。食事をとったのに空腹感を感じる、体重が減少し、筋力も低下するため疲れやすくなることもあります。小岩には駅近くにもネットで予約が可能なクリニックがありますので口コミなどを参考にチェックしてみてください。小岩では患者さんにぴったりと合った治療法を提案してくれる病院もあります。自覚症状が現れた時にはすでに進行している可能性が高いといわれていますが、そのまま放置するとブドウ糖が増えすぎ全身の血管が蝕まれてしまい様々な合併症をおこします。多いのが3大合併症といわれる糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症で放置すると失明したり、人工透析が必要になったりします。生活習慣を見直し、規則正しい食事、栄養バランスのとれた食事をすることで改善しますので十分に気を付けることが大切です。小岩では管理栄養士が栄養相談をしてくれるクリニックもありますので気になる症状があったら受診することをお勧めします。

症状に合わせた治療

ナース

糖尿病というと血糖値が高い状態が続く病気というイメージがありますが、その種類も色々なものがあり、それぞれのタイプに合う治療を行うことが大事です。まず、糖尿病には1型と呼ばれるものがあり、インスリンが足りないために糖尿病になってしまうというものです。1型は子供や若い世代に多く、ウイルスなどが原因でインスリンを製造するβ細胞が破壊され、インスリンがまったく出ない、またはほとんど分泌されなくなってしまいます。この場合は、インスリン注射で不足しているインスリンを補う必要があります。なお、肥満などは特に関係なく、痩せている人にも発症することがあります。そして、2型は糖尿病の中でも特に多く、小岩でもこの症状の患者さんは多くなっています。こちらは食べ過ぎや肥満、お酒の飲みすぎ、運動不足など生活習慣の影響で2型の糖尿病になることも多いので、改善のためには食事や運動なども見直す必要があります。糖尿病を悪化させないためには治療をしっかり行うことが大事ですが、小岩でも治療に対応している医療機関はいくつかあります。それぞれの症状に合う治療が必要ですので、糖尿病治療で評判の高い小岩の医療機関を選びましょう。小岩での糖尿病の治療方法は薬物療法、食事療法、運動療法などが基本となります。また、薬物療法では経口で摂取する血糖降下薬やインスリン注射での治療が行われます。経口薬も色々な種類がありますが、それぞれ働きが違いますので、薬の特徴はよく理解しておきましょう。

お年寄りほど注意したい

聴診器

糖質はダイエットの時などには邪魔者扱いされることが多いですが、体にとっては必要な栄養素です。体を動かす時のエネルギーに変わる主要な栄養の一つであり、とくに脳が活動する時に多く必要とします。しかし、摂りすぎれば当然悪影響が出ます。最たるものが糖尿病です。食べ過ぎなどにより体内に溜まった大量の糖質を処理しきれず、インスリンを分泌する膵臓の機能が低下し、体力の低下や頻尿などを引き起こします。認知症との関連性も深く、高齢者はとくに注意が必要です。前述のように糖質は大部分が脳で使われます。同時に糖質を代謝するインスリンも脳にとって必要です。脳が正常に活動するためには、脳内の糖質とインスリンのバランスが取れていなければなりません。しかし、糖尿病を患った場合はインスリンの分泌量が低下しています。そうなると脳にインスリンが行き渡らずに糖質の代謝が滞ります。その結果バランスが崩れ、過剰な糖質により脳細胞がダメージを受けてしまいます。脳機能が低下しつつある高齢者が糖尿病にかかると認知症の発症率が急激に上がります。自分がそうかもしれないと感じたら小岩に行ってみましょう。小岩駅の近くに頼れる病院がたくさんあります。小岩駅から近いゆえに移動の手間もかからず、お年寄りでも不自由なく行けます。小岩のお医者さんは親切です。糖尿病の悩みに真摯に答えてくれます。年齢を重ねた人ほど、いざという時の医者のツテはとても重要です。