早期発見と予防が大切

探せばある近くの専門医

医者と看護師

糖尿病は初期には症状が出にくい事と専門医の数が少ないため、健康診断などで異常値が見つかっても放置されることが多い病気の1つです。その割合は全体の約3割、30代に至っては6割にも上るといわれています。早期発見すれば完治できる病なので、小岩のクリニックで定期的に検診を受けましょう。糖尿病の原因として挙げられるのは糖質の過剰摂取です。ブドウ糖や果糖・砂糖などは消化を必要としないためいっきに吸収され血糖値を上げます。その時膵臓に大きな負担をかけ、大事な働きをする膵臓から出るインスリンの機能低下を招くことで起こります。炭水化物も消化されると糖に変化するため、糖質と同じく食べすぎは禁物です。必要以上に太っていると血糖値を下げるためのインスリン量が足りなくなってこれも糖尿病の原因となります。もちろん食生活だけでなく生活習慣に気をつける事も大切です。糖尿病になりやすい人には運動が苦手で家でゴロゴロしてテレビを見たり座ってゲームをしたりする人が多いといわれています。怠けているのではなく、パソコンの前に座って仕事をし続ける人も同じタイプに分類されます。まとめ食いする人も糖尿病のリスクが高くなるので気をつけてください。まだ不足しがちの専門医は大きな街にしかいないと考えられがちですがそんなことはありません。小岩にも糖尿病を専門とする糖尿病外来のあるクリニックがあるので、探してみましょう。糖尿病の治療は長期間に渡るので、同じ小岩市内の通いやすいクリニックを選んでおくと良いでしょう。健康診断などで指摘を受けるなどしたときは、なるだけ早く小岩の専門クリニックの門を叩き治療を開始することが肝心です。

元に戻れなくなる前に

困る人

小岩には糖尿病専門の外来があります。糖尿病は高血糖がつづいている状態です。この状態を放置しておくと、合併症などの怖い病気を引き起こします。確かに糖尿病自体は死に至る病気というわけではありませんが、悪化するとさまざまな病気を引き起こす前触れの症状でもあります。健康診断で治療が必要となっている人は、小岩の専門外来に通い治すようにしましょう。糖尿病を患っていると起こりやすい合併症は神経障害や腎症です。血液関係の病気である脳梗塞や心筋梗塞なども起こしやすいです。最悪の場合、足が壊疽してしまうなど末梢血管の障害を抱える人もいます。壊疽してしまった部位はもう元には戻りません。取り返しのつかない事態を招いてしまうのが高血糖です。小岩の専門外来に通うと、必ず専門医に診療してもらうことができます。長期化しやすい糖尿病は治療方法の選択が難しいです。個々人の状態に合わせて薬物療法や対処療法を行っていきます。薬を使うと言ってもその数の種類は豊富で選択肢がいくつもあります。正しい選択をするためにも、患者が合併症を引き起こしていないかどうかや疾患との兼ね合い、生活スタイルを考慮しなければなりません。患者一人一人に合った治療法が必要なので、小岩の専門外来のように専門医のもと治していくほうがいい治療ができます。検査や食事の栄養相談、糖尿病でなりやすい足の病気関係のケア、外来の注射治療などを医師、看護師、管理栄養士が連携した病院で治療を受けてください。

危険な状態を回避するには

病院

小岩では糖尿病外来に通える病院がありますが、家族がそこで糖尿病と診断されたときには単なる糖尿病と考えず協力して治していく必要があります。初期からかなり進行している状態であれば、ずっと付き合っていかなければいけない病気だからです。さらに、治すためには生活習慣の見直しが不可欠となります。家族が協力して食事療法に取り組むことで、糖尿病患者が重篤な状態になるのを防ぐことにつながります。小岩の糖尿病外来では食事療法の指示を管理栄養士がしてくれるので、それに従ったメニュー作りを行います。糖尿病の治療にはインスリンが使われますが、このインスリンが低血糖を起こしてしまうこともあります。その兆候として手足が震えたりめまいや冷や汗をかいたりします。この兆候を見逃さず、食事をとるなどすれば意識障害を起こしたり昏睡状態に陥ったりするのを防げます。さらに、小岩の専門外来で指示された食事内容はなるべく家族が一緒のものを取るようにします。なぜなら、家族も同じく糖尿病の危険性になる可能性があるからです。普段同じような食事をしている家族が一緒に糖尿病対策の食事をすることで、みんなの予防になります。糖尿病になると、精神にストレスを抱えやすくうつになりすい傾向があります。生活習慣を変えることで、うまくストレスが発散できなくなるなど精神的ストレスをためやすいので、家族が理解してあげることが大切です。一緒に散歩をするなど、小岩の病院に付き添うだけではなく運動もともにすることで病気の改善をすることが可能です。