簡単なセルフチェック方法

早期対策が重要です

医者

食生活の欧米化により、糖尿病にかかる人が増えたといわれており、自分は大丈夫なのか、と気になってい人も多いでしょう。小岩には糖尿病の治療を行っているクリニックがあり、自分の健康状態を確認するために、通院する人も多くいます。小岩の病院で診療を受ける前に、まずは一度自分で、糖尿病の危険性があるのか調べたいという場合には、簡単なセルフチェックを行ってみましょう。セルフチェックではまず、普段の食生活が偏っていないか、飲酒を頻繁に行っているかなどを、見直してみる必要があります。野菜を食べる機会が少ない、外食が多く肉類を摂りすぎているなどの場合、糖尿病にかかりやすい食生活だといえるでしょう。また、自分の親や親戚など、血縁者に糖尿病の患者がいるかどうかも、確認しておきたいポイントです。血の繋がりがある人は、体質が近いと考えられますし、遺伝による影響も、無視できないといわれています。疲れがとれにくい、急に体重が増加したなど、体調に変化を感じているという場合にも、注意が必要です。また、頻繁に喉の渇きを感じる、目がかすむなどといった症状も、糖尿病と関連している可能性があります。健康状態に気になる点が多いのなら、小岩のクリニックで診療を受けて、糖尿病の危険度を詳しくチェックしてもらいましょう。小岩には、糖尿病外来に力を入れているクリニックもあり、検診や治療を提供しているほか、食事療法の指導なども行われています。

重要なホルモンのバランス

相談

膵臓から分泌されるインスリンは、糖尿病と深い関わりがあるホルモンです。糖尿病になると、このインスリンの量が減り、糖分の代謝が悪くなってきます。食生活の影響などで血糖値が高くなると、膵臓は多くのインスリンを分泌するようになります。インスリンの働きによって、血液中に溢れた糖が次々と処理されていくようになりますが、このような状態が長く続くと内臓に大きな負担がかかります。インスリンを大量に分泌することによって、いわば疲労状態となってしまうのが、例えば膵臓です。疲労の影響で、徐々に膵臓からのインスリンの分泌が悪くなり、血糖値が上がってしまうのが糖尿病の1つのメカニズムです。血糖値が上がると、肝臓は、インスリンの代謝促進作用によって多くの糖を吸収します。糖を取り込み、血糖値を調整する臓器としても働いているのが肝臓です。ただ、体内の糖の量が余りに増えすぎると、肝臓が処理をしきれなくなり、血液中に大量の糖が流れ始めます。また、最大限肝臓にとりこまれた糖は、余った分が脂肪として蓄えられますので、脂肪肝の兆候があらわれてくることがあるのが厄介な点です。悪いサイクルに陥りやすい糖尿病を治療するのが、小岩にクリニックを構えるような糖尿病の専門医です。幾つかの小岩のクリニックでは、専門医がインスリンのコントロールを行っています。悪循環にストップをかける方法として、インスリンを増やす外来治療を行うのが小岩のクリニックです。インスリンのコントロールは、糖尿病専門医が常駐する小岩のクリニックが得意とする治療です。

生活習慣が発症を左右する

看護師

太っている人は糖尿病になりやすいと言われていますが、この病気に掛かりやすい体質は、遺伝によって受け継がれます。例えば、父親と母親が糖尿病を患っておりますと、その子供も60代の中盤までには、4割から5割の確率で発症するのです。日本人では2型糖尿病が圧倒的に多いのですが、その関連要因の遺伝子も、研究によって突き止められています。しかし、遺伝だけが原因であるのなら、昭和以前の時代から糖尿病が多かった筈です。ところが国内で本格的に糖尿病が増え始めたのは、飽食の時代と呼ばれる近年からですので、遺伝だけが原因ではありません。遺伝的な要素は発症しやすい体質というだけで、遺伝的に糖尿病になりやすい人でも、症状が出ない方もいるのです。つまり、この病気は生活習慣病と呼ばれることでも分かるように、遺伝要因と、運動不足などの生活習慣の乱れが合わさることで、発病する傾向があります。この病気は合併症へ発展するなど、重篤に至る可能性がありますから、倒れる前に治療を始めるのが肝心です。そして、糖尿病の専門外来は小岩にも数々見られますので、小岩で治療を開始したい場合は、複数の病院の中から選べます。また、地元で掛かりつけのお医者さんがおられましたら、紹介状を書いてもらった後、小岩の専門外来に訪れるのが得策です。もしも何かお薬を飲んでおられる場合は、糖尿病の治療薬との競合を防ぐため、お薬手帳や現在服用中の薬を書いたメモなどを持参して、小岩の専門外来へ行きましょう。